はじめまして、どうぞ宜しくお願いします。

 

この度、くまもと農商工連携サイトに参加しました

有限会社シリカファームしすいと申します。

 

誰がどのように育てたのか?

誰がどのように製品をつくっているのか?

 

「食のトレーサビリティ」

 

が注目されている現在、吉井牧場及びシリカファームは、

いつでも生産現場をご見学いただけることが可能です。

 

熊本県菊池市。

 

ここ吉井牧場には約80頭の乳牛が飼育されています。

 

牛たちは安全な餌を食べ、美しい菊池水源から汲み上げる

地下水を飲み、自然の中で育ちます。

 

牧場をフリーストールにしたことで牧場内を自由に動き回れるので

とてもリラックスしています。

 

また可能な限り、濃厚飼料の給餌量を減らし、数年後には

完全なエコミルクを目指して取り組んでいます。

 

このように、大自然の中で育まれた生乳は吉井牧場直営のミルクプラント

「シリカファームしすい」に運ばれ、その多くを人の手によって製品にします。

 

63℃30分間

ノンホモジナイズ

搾乳から充填まで全て生産者で完結した牛乳づくり

 

このように多くの作業を人の手でおこなっている「低温殺菌牛乳“夢みるく”」は

とても大量生産には向かない方法です。

 

しかし、より高い基準の牛乳を厳選してお届けしたいという吉井牧場の

理想とする牛乳づくりはここにあります。

 

自然の恵まれた環境の中で安全な餌を食べ、ゆったりとのびのび育った

ストレスの少ない牛たちからとれる生乳に、極力振動を与えずにミルクプラントで

製品にして出荷する。

 

「夢みるく」には吉井牧場の理想と夢が詰まっています。

 

私たちは一度のどを通していただければ違いがわかる、このシンプルで

純粋な牛乳は本来の牛乳づくりの姿であると確信しています。

 

 

 

コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー 下の画像に表示されている数字を半角でご記入下さい。
(画像は毎回変わります)